パナホーム 坪単価

無料!パナホームやハウスメーカー、工務店の間取りプランや支払総額を一括比較

 

パナホームの価格 総額の費用はいくら必要か?

大手ハウスメーカーの一つである“パナホーム”。大手ハウスメーカーで建てるメリットとして、

 

 

@大手は簡単には倒産しない

 

 

 

Aデザインや間取りプランなどの提案力がある

 

 

 

B税金やローンなどの知識が豊富

 

 

 

などがあげられます。

 

 

パナホームで家を建てる場合の価格の目安ですが、坪単価70万〜80万円と他の大手のハウスメーカーと比べてみても高いです。

 

 

 

建売の場合はもう少し安いですが、パナホームで注文住宅を建てられた方の坪単価は70万円前後が相場となっています。

 

 

 

全国のハウスメーカーの平均的な家の大きさは約43坪と言われています。

 

 

 

坪単価70万円とし、パナホームで注文住宅を建てるとした場合、パナホームで平均的なサイズの家を建てようとすると、約3000万円が必要となります。

 

 

 

そしてランクを上げたり、オプションを追加する場合はそのつど金額があがり予想以上に高くなってしまうこともあります。

 

 

 

また本体の建物とは別に土地がなければ土地代が必要になってきますし、

 

 

 

カーテン代、照明代、エアコン代、外装費、車庫代などなどが必要となりますので、予算に余裕がないと、最終的に諦めなければならない可能性も否定できません!

 

 

 

注文住宅を建てる場合、各ハウスメーカーの坪単価がどれぐらいなのか把握しておくことも大切ですが、坪単価だけで家が建てられるわけではありません!

 

 

 

まずは家を建てる総費用を事前に把握しておくことです。

 

 

 

本体工事費以外の諸費用がどれぐらい必要なのか?という見積書も提案してもらっておくと大まかな費用が把握できます。

 

 

 

パナホームの坪単価は下記を参考にしてください。


パナホームの坪単価はいくら?

パナホームの坪単価は、

 

 

 

60〜70万円 / 坪当たり

 

 

 

程度が目安と言われています。

 

 

 

ちなみに、パナホームで建てられた方の平均的な坪単価は、

 

 

 

65万円 / 坪あたり

 

 

 

となっていると言われています。

 

 

 

全国的ハウスメーカーの平均的な家の大きさは43.3坪と言われていますので、パナホームで平均的なサイズの家を建てようとすると、

 

 

 

約2800万円との計算になります。

 

 

 

但し、この金額は建物の本体のみですので、
これ以外にかかる、ローンや登記などにかかる諸経費、
外構・塀・車庫や照明、カーテン、空調機器などは含まれておりません。

 

これらの設備にも、400万円以上は必要になるかと思います。(安い物を買えばもう少し安く抑えられます。)

 

ですので、

 

3200万円

 

ぐらいの予算がないと、パナホームの平均的な家が建たないということにもなります。

 

 

 

高い買い物なので気になるのが、値引きですよね。

 

 

 

パナホームの値引きはできるのか?について下記で説明しています。

パナホームの坪単価 カサートテラの場合

パナホームといえば、オール電化をはじめとする、電化に強い家づくりをするハウジングメーカーだといえると思います。

 

 

ハウジングメーカーにも色々とあり、建て売りに特化した、比較的安価なメーカーもあれば、

 

 

建設系の大手のハウジングメーカーもあります。そういったところは、比較的坪単価も高いといっていいでしょう。

 

 

全国展開をしているような大手チェーンハウジングメーカーに比べると、パナホームも、坪単価としても高くなります。

 

 

ただ、やはりパナホームの魅力というのは、電化に強いところであり、そのバリエーションが豊富なのも魅力です。

 

 

いろいろとある中で、CASART TERRA(カサート・テラ)というのは、既存の過サートシリーズの、改良版として発売されているものになります。

 

 

これには、更に1・2階用と3階用というバリエーションがあります。

 

 

この中で、とくに狭い敷地でパナホームの家を建てたいというかたには、おすすめとなるのが、3階用のCASART TERRAとなります。

 

 

さらにタイプ別のバリエーションとしても、バリエーションとしても、太陽光発電システムにエコキュートを加えた太陽光発電タイプや、太陽光発電システムとエネファーム

 

 

を足した、W発電タイプという2種類があります。

 

 

ただ、先にも述べたように、坪単価にすると、だいたい60万円以上から70万円ほどになると考えてよいでしょう。

 

 

そのため、その他の大手ハウジングメーカーの見積もりなどと比較した場合にも、高額になります。

 

 

ただ、パナホームが特に強い電化のハウジング、たとえばオール電化だったり、太陽光発電というようなシステムに魅力を感じるひとには、

 

 

やはりそれだけの価値があるものといっていいでしょう。

 

 

狭い土地でも、スペックのいい家、住み心地のいい家を求めている場合には、

 

 

パナホームのCASART TERRAは、その坪単価に見合ったものになるといえるでしょう。

 

 

特に3階用の場合には、都内などの狭小地にもたてることができますので、土地を有効に活用することができます。


パナホームのエルソラーナの坪単価

エルソラーナはパナホームの次世代型エコ住宅です。

 

 

 

その特徴は次の3点に大きく分けることができます。

 

 

 

まず最大の特徴は最新技術を用いた省エネ技術です。

 

 

 

さらにその中でも大きな割合を占めているのが、太陽光発電システム。

 

 

 

最近ではそれほど珍しいものではなくなったように思いますが、

 

 

 

エルソラーナのものはその他の技術を複合的に用いることでさらに一歩進んだものとなっています。

 

 

 

具体的には太陽光発電パネルだけではなく、電気を蓄え太陽光のない夜間に使うことのできる蓄電池システムがあり、

 

 

 

これは都市ガスを使った家庭用燃料電池である「エネファーム」と組み合わせることで大きな力を発揮します。

 

 

 

また、家庭内の使用電力を監視し、制御する「スマートHEMS」は、今後普及が進むと考えられているスマートハウスのさきがけとも言えるものとなっています。

 

 

 

さらに家の中の照明をLEDで統一、キッチンはHIクッキングヒーターを採用することで極めてエネルギー効率の高い住居システムを構築しています。

 

 

 

エルソラーナの第二の特徴は、家庭内の人員の増減を見越した「先読み設計」です。

 

 

 

これはライフステージに合わせて、部屋の構造を動的に変化させ、常に快適な居住空間を作り出すことができます。

 

 

 

具体的には収納を兼ねた可動式の間仕切りによって、その時々の両親と子どもたちの関係に最適化することができるというものです。

 

 

 

最後に、外装を美しく保つ独自の先端技術である「キラテック」が挙げられます。これは光触媒技術を応用したもので、

 

 

メンテナンスフリーであるにもかかわらず、常にきれいな外壁タイルを提供します。このことは必然的に住居それ自体の寿命の延伸も意味しています。

 

 

エルソラーナの坪単価はパナホームの他のシリーズ、すなわち「ソルビオス」シリーズや「ユールキア」シリーズよりは比較的安価です。

 

 

具体的にはおおよそ50万から80万円の間ですが、上記のような最新技術を用いた住居としてはそれほど高い値段ではないのではないでしょうか。

パナホームの平屋の坪単価

最近は、平屋をあつかうハウジングメーカーにも、差別化がでてきました。

 

 

実際、平屋というのは、基本的には割高になる家となりますので、若干人気が衰えている時期もありました。ローコストで家を建てることが人気だった時期には、平屋はやはり人気がさがっていたのです。

 

 

これは、平屋の特徴ともいえます。同じ延床面積であれば、平屋というのは、坪単価が高くなります。これは、同じ延床面積で、2階建てを建てた場合などと比較すると、良くわかります。一般的に、平屋の方が坪単価は高くなるのです。

 

 

というのは、2階建よりも平屋の方が屋根や基礎の面積が必要だからです。

 

 

たとえば、延床面積40坪の2階建ての家の場合、屋根や基礎は20坪分の広さとなりますが、これが延床面積が40坪の平屋の場合だと、屋根も40坪分、基礎も40坪分となります。こう考えると、平屋にかかるコスト感がわかってくるでしょう。

 

 

こういった平屋の中で、パナホームの平屋の単価というのは、だいたい60万円から70万円程です。これは、やはり高い方になるでしょう。

 

 

ただ、パナホームの特徴として、一番に挙げられるのが、パナソニックの製品をたくさん取り入れられるという利点です。パナホームの平屋を建てた場合には、こういった、他のハウジングメーカーではオプション扱いとなるようなものを、たくさん取り入れることができます。

 

 

特に平屋を好むのは、年齢の高い方が多いですが、オール電化などの利便性を平屋に求めるような方には、パナホームの平屋はおすすめできるでしょう。とくに、パナソニック商品の信頼性やデザインなどを気に入っている方にとっては、とてもよい選択のひとつになるといえます。

 

 

実際、新しく平屋に住むかたは、住み心地を価格よりも重視されるケースが多く、そういった場合には、パナホームの設備の整った平屋というのは、他のハウジングメーカーの提供する平屋とは違ったメリットが感じられるところになるといえます

パナホームの坪単価、30坪の場合

最近は、戸建をあつかうハウジングメーカーにも、差別化がでてきました。こういった中では、各ハウジングメーカーを比較検討して選ぶときには、

 

 

各ハウジングメーカーのイメージや印象、口コミだけではなくて、そのハウジングメーカーが出している、各プランというのも、見たうえで、検討するのがよいでしょう。

 

 

たとえば、パナホームですが、パナホームについては、やはり家電が充実している、というイメージが強いのではないでしょうか。実際、パナホームの強みといえば、オール電化です。とくにパナソニック製品や、パナソニックの家電がお好きなかたでしたら、やはり気になるハウジングメーカーになってくるでしょう。

 

 

こういったパナソニックの家ですが、いろいろなタイプを提案しています。そして、タイプによって、価格にも単価で10万円以上の差が出てきます。だいたい30坪を目安にして各タイプで単価の違いをみてみましょう。

 

 

たとえば、エルソラーナシリーズだと、パナソニックの家の中では、お手頃な価格対になってきます。だいたい、エルソラーナシリーズの30坪程度での坪単価というのは、55〜75万円くらいです。これに対して、パナソニックの家の中でももうちょっと高級感が出てくるのが、

 

 

ユールキアシリーズです。このシリーズになると、30坪でも、坪単価60〜75万円というラインになってきます。

 

 

こうなると、高級だといわれる積水ハウスなどとも並ぶ、価格帯になってきますね。そして、パナソニックの家の中でトップクラスにはいってくるのが、ソルビオスシリーズで、これだと、坪単価は70万円が最低ラインとなってきます。高いものだと、坪単価85万円戸いうものも有ります。

 

 

ハウジングメーカーというのは、やはり価格が高くなってくるというのは、否めないところだといえるでしょう。ただ、パナホームの強さである、家電などの充実した住まいに、価格相当の価値を見出す方であれば、検討の価値はある、特徴のあるハウジングメーカーだといえると思います。

パナホームの値引きは可能なのか?

人生の一番高い買い物と言っても間違いないマイホームの購入。

 

 

可能であれば、少しでも値引きしてもらえると嬉しいですね。

 

 

パナホームに、もう購入を決めている方、複数で迷っている方、

 

 

まだどこにも決めていない方とおられると思いますが、

 

 

値引き交渉のポイントは、複数のハウスメーカーや工務店を比較をする事です。

 

 

他のハウスメーカーの金額を知らないまま、1社に絞ると値引き交渉が進めにくくなります。

 

 

下記の「注文住宅会社比較一括提案サイト タウンライフ家づくり」では、一度の入力(3分程度)でお住まいの地域の工務店やハウスメーカーの資料請求が、

 

 

無料で可能となっています。各ハウスメーカーや工務店の間取りプランや費用などももらえます

 

 

1社だけではなく、いろんなハウスメーカーの間取りを参考にできますので、後悔しない家づくりが確実にできますよ。